病院以外で活躍したい看護師のための求人ガイド【チャレンジナース】

今、看護師の間で病院以外の仕事が人気!

看護師の資格を生かした仕事というと、どうしても病院やクリニックのような医療機関しかないと思ってしまう人も多いです。しかし看護師の資格を生かせる仕事は病院以外にもたくさんあります。特別なスキルを持つ専門家として、募集している案件は増えてきています。

 

たとえば産業看護師の仕事があります。企業の用意した医務室に勤務して、従業員の健康管理を担当します。その他にはフィールドナースの募集もあります。医療機器メーカーや製薬会社に勤務し、自社製品のPRや機器を納入するときに使い方のレクチャーをするなどの仕事になります。

 

さらには治験関係の業務もあります。医薬品を正式に販売するためには、厚生労働省の認可が必要で、治験を行って薬の有効性や副作用の危険性のなさなどを証明する必要があります。この治験を行うにあたっての企画立案から、治験データをまとめ厚生労働省に提出できるように書類をまとめる業務などを担当します。このように病院以外でも様々な仕事があります。

 

看護師が病院以外の求人を探すときに押さえておきたいポイント

病院以外の看護師の求人情報は、ここにきて非常に増えてきています。看護師の持っている専門的なスキルを活かしたいと思っている所が増えてきています。ですから病院以外の転職先も検討してみる価値はあります。ただし病院以外の転職先を探すときには、とにかくこまめにチェックすることが大事です。

 

病院の場合、看護師は中途採用でもかなり大量採用してくれるケースもあります。医療機関の中には慢性的に看護師不足に陥っている所もあって、とにかく人手を確保したいと思っている所も多いです。しかし病院以外の看護師の募集は件数は増えている半面、1件当たりの募集人数の数は少ないです。このため、どうしても倍率が高くなってしまう傾向があります。また少し時機を逸してしまっただけで募集人数を充足したとして募集を打ち切ってしまう恐れもあります。

 

ですから病院以外の転職先を探すのであれば、広く探すことが大事です。そしてこれはと思われる求人があればどんどん積極的に応募していくべきです。

 

今の仕事を辞めたいと思っている看護師さんへ

看護師の仕事はまず激務です。また患者の命を取り扱う仕事なので、精神的なプレッシャーも大きい業務といえます。人の命にかかわっているということは大きなストレスになってしまって、看護師の中には、そのストレスに押しつぶされそうになっている人も見られます。特に20代のまだあまりキャリアのない看護師の中には、「自分は果たして看護師に向いているのだろうか?」という疑問を抱く人もいます。

 

その結果、看護師の仕事をやめてしまう人も少なくありません。そして普通のOLとして、一般企業に転職するケースも結構多くあります。しかし看護学校で勉強を一生懸命して、やっとの思いで手に入れた看護師資格を普通のOLとして仕事をするのであれば生かせません。これは少しもったいないのではありませんか?

 

実は病院以外でも看護師の資格を生かして仕事のできる求人情報はいろいろとあります。せっかく取得した看護師資格なので、なるべくその専門性を生かせるようなキャリアチェンジをすべきです。

 

看護師だけではなく保健師さんも!活躍の場は広がっている!

一昔では保健師といえば行政機関勤務というのが一般的でしたが、以前は少なかった学校保健師や産業保健師の需要が増えてきており、転職先の選択肢が広がっています。例えば産業保健師を見てみると⇒「《産業保健師の求人・採用対策web》難関突破のための手引き

 

さらに、これらの「行政・産業・学校」以外にも思ってもみなかったところで求人が見つかる可能性があります。そのあたりの需要増加は看護師と共通しており、募集も看護師もしくは保健師という形で出されているものもあります。

 

保健師の方は、保健師の【求人探し・採用対策】丸分かりナビをご覧いただくと、今現在どんな求人の種類があるのか知ることが出来ます。転職活動の前に確認しておきましょう。